交通事故で壊れた後付け装備の保証で揉めた(体験談)

交通事故で大切な車両が破損してしまうという経験をした人は非常にたくさんいるのではないでしょうか。
これまで自分が大切にしてきている車が破損するだけでもショックですが、さらに車に手をかけて様々な装備などをつけているとショックもその分大きくなってしまいます。
エアロパーツなどをはじめ、その他にも車には様々な装備を後付けできるようになっているのですが、こうした部分での補償問題についてトラブルになってしまうケースもあるようです。

事故の加害者が車の修理しかしてくれず壊れた後付セキリティーの補償をしてくれないためトラブルになりました

僕は以前交通事故の被害者になったことがあります。
この時には斜め前から前方の車がぶつかってきたような形で僕の車はフロント部分が大きく損傷してしまったのですが、なんとか修理をすれば元通りになる状態だったので先方の保険を使って直すことにしました。
僕は車両保険に入っていましたが、こちらが被害者だったので、保険を使う必要はなく先方の保険ということになりましたが、補償問題についてトラブルになってしまい解決までが長引きました。
僕はその当時、自分の車にセキュリティー装備をつけていたのですが、このセキュリティに関しても事故にあって故障してしまったため、センサーがしっかりと働かなくなりました。

盗難防止のためにセキリティをつけていたにもかかわらず、こうした部分については補償できないと先方の保険会社に言われて腹が立ってしまい、保険会社のスタッフさんには比較的強く文句を言ってしまいました。
それでも先方が加入している保険内容で車両の修理について補償することはできても、後から付けている装備等に関しては補償することができないと言われら自分の保険でカバーしようかとも思ったのですが双方の車が動いていたとはいえ、僕は違反などもしていない中での被害だったので納得がいかず、自分の保険会社に相談してみたところ、弁護士に相談して話し合いをしてみてはどうかと言われたのでネットで交通事故に詳しいと評判の良い弁護士さんを探して相談しました。

その結果、やはり加害者としてはこのような部分にも責任を持たなくてはならず補償してもらえるはずだということになり、弁護士さんが先方の保険会社と交渉してくれたためにしっかりとした補償が受けられました。
僕が選んで付けていたセキュリティ設備はそれなりに価格も高く、性能も非常に良いものだったため、そこでの負担を少なくするために、先方の保険会社が補償ができないと言っていた可能性があります。
結果的には補償されたので満足でしたが、あのまま僕が弁護士にお願いしなければ補償されることもなく話が終わっていたのかと思うと、なんだか保険会社のやり方が腑に落ちません。
僕が加入している保険会社のスタッフさんがとても良心的だったので、弁護士に相談することを勧めてくれましたが、弁護士の間に入らなければ本来するべき補償もせずにうまく逃げようとする保険会社には絶対に加入したくないと思いました。

・保険会社によって補償内容やその他の対応などはすべて違っているものですが、上記のように素人さんが交渉していても取り合ってくれない保険会社もあるようです。
早い段階で専門家に相談することにより、どこまで補償しなければならないのかについて専門家から保険会社への指摘があるため被害者側としては助かることになります。
特に後付けでの装備などについてはうまくごまかしながら逃れようとする保険会社も多いようなので、しっかり補償してもらえそうにないときには迅速な判断で専門家に相談し、示談成立前に補償問題についてを請求してもらった方が良いでしょう。