交通事故の被害者に脅迫されて参った(体験談)

交通事故というのは誰もが避けようと思っているものですが、様々なタイミングなどが絡んで起きてしまうものです。
そのため、絶対に事故を起こすことはないなどと思っていても、交通事故でとても大変な思いをしたと言う人もいるようです。
加害者は被害者に対してさまざまな保補償をしなければなりませんが、ここで被害者がどのような対応をするのかによって加害者が感じる苦痛や負担も変わってくるようです。

一般的には保険会社に任せるのが一番ですが、それだけでは納得せず嫌がらせをしたり補償問題について欲をかく被害者だと非常に厄介なケースがあります。

保険会社を相手に挟んでいるのに、被害者が直接脅迫をしてくるので弁護士に解決してもらいました

数年前の話になりますが、こちらの不注意で交通事故を起こしてしまい、その時僕が加害者になりました。
任意保険に加入していたので、先方への補償については保険会社に任せていたのですが、ちょっとこの時の被害者が厄介でとても困りました。
こちらが加害者なので先方に対しては腰の低い態度で接していたのですが、あまりにも我慢できなくなり、最終的には弁護士を立てて解決したような形です。

保険会社が間に入り補償問題について話し合っていく中で、どうやら先方としては、保険会社からの補償だけでは満足できなかったらしく直接的に僕に電話をかけてきて、保険会社が支払う賠償金だけでは足りないのでそのほかに慰謝料や車の修理費用などを支払えと言ってきました。
最初のうちは僕も非常に保険会社に任せているのでと断っていたんですが、徐々に先方も強気な態度に出てくるので僕も頭にきてしまいました。

最終的には僕が直接的に賠償金を支払う義務や必要がないので弁護士に相談しますと言ったところ、それでも先方の勢いが止まらず、毎日のように脅迫するような手間がかかってきたので電話の内容を録音し、弁護士さんに相談しました。
そこで弁護士さんが先方への注意喚起を始めとして、脅迫で訴える可能性があるということを伝えてくれたのですが、それでもすぐには先方からの連絡はなくならず2週間ほどは時間などを問わずに大きな声で電話がかかってくることがありました。

このままだと実際に裁判にかけなければならないと弁護士さんと話をしていた矢先、保険会社から賠償金などが支払われたようで、現金が支払われたら気が済んでしまったのか、それ以降は僕に対しての連絡がなくなりました。
あのまま脅迫が続いていれば実際に裁判を起こしていたと思いますが、そうなれば先方は僕に対して脅迫したということで慰謝料なども支払わなくてはならないし、そういった部分でも先方は誰かに注意されたのかもしれません。

結果的には裁判にならず連絡がなくなったのでよかったのですが、あまりにも毎日のようにしつこい脅迫電話があって、僕自身も精神的に参っていたし本当に困りました。
交通事故に気をつけるのはもちろんですが、交通事故の際の相手がどのような人物なのかという事も重要なんだと身にしみて実感しました。
やっぱり困ったときには早い段階で弁護士に相談する事で自分の気持ちも楽になるし、単純に怯えるだけの生活ではなく冷静に考えることができて助かりました。
この件を思い出すたびに今でも嫌な気持ちになりますが、あの一件があったからこそ、今まで以上に車の運転には気をつけるようにしています。

・このように被害者が嫌がらせをするのだというのは決して少ない事ではなく、案外経験している方もいるようです。
直接的に喧嘩になってしまうといったケースもあるようですが、本人同士が話し合いをしていても冷静な解決をするのが難しい場合には交通事故とは別で恐喝事件として警察や弁護士に相談する勇気も大切です。
エスカレートすると怪我をすることになったり、いつまでも解決できずに精神的な疲れも大きくなってしまうので、常に冷静でいることと、一人で対処せず専門家に相談することを意識しておくと良いでしょう。